FurusatoNouzei-X

ふるさと納税福島県 台風対策【台風19号】終わらない対策

タイトルをコピー

ご自分のポイントサイトを開く準備をする⇒こちら

ふるさと納税福島県 台風対策

2019年 10月に福島県を襲った台風19号

その爪痕は、未だに残り 特に福島県桑折町は、河川の氾濫や浸水などにより、建物や道路等に大きな被害を受けました。

しかしその時、知事は不在でした。

〝不在〟

非常事態の最中〝不在〟だった知事。

内堀知事は10月6~12日の日程でドイツ、スペイン、スイス、ベルギーを訪問していた。

福島県は死者29名、行方不明者1名と全国最多という状態で、行政の備えは万全だったのか?

大いに疑問が残る。

具体的に、ヨーロッパで何をやっていたのか? そういうことを掘り下げると、理性を失う人も多いのではなかろうか?

だから、このサイトでは、そういう問題には触れない。

しかし、寄付を考えていらっしゃる方は、地方政治の”プチ腐敗”というものに、目を向けるべきである。

桑折町の状態

2019年11月19日の段階で、死者0人 負傷者0人 行方不明0人 という状態で、人については、被害がなかったが、

避難をせざる負えない人、住居が大規模半壊 床下浸水 半壊 一部損壊は合計21棟になっているようです。

北沢地区は、佐久間川の決壊で冠水しました。 今は、復旧しましたが、睦合小付近 町道1124号 、北沢地区 町道3088号 

で、通行止めにせざる負えない状態でした。

桑折町の対策

平成29年5月から桑折町では、 阿武隈川の洪水情報が、メールで配信されるようになりました。

ふるさと納税福島県 台風対策

洪水が起きやすい場所は以下の通りです。
ふるさと納税福島県 台風対策

桑折町の対策

ふるさと納税福島県 台風対策 のメインページには、返礼品はありません。

返礼品のあるリンクはこちらです。

ふるさと納税福島県 台風対策 で、千円の寄付が 地方思いなのか、

生産する意欲 という事の大切さを携えるのが 地方思いなのか といえば、 

どちらかといえば、生産する意欲を 刺激する寄付 ということのほうが 大切だと、筆者は思います。

コロナ肺炎で、食材が余ったという事が 最近 起きましたね。

その時、SNSで、食材の買取を募った店は、あっという間に、在庫をなくしていきました。

桑折町では、SNSのフォロワー数に応じて、町民からの住民税を減税するとか、”プチ腐敗”が進む、福島県政を 立て直す

行政を行って欲しいものですね。

ただ、小銭を恵んでもらうという人生、より 大きく生産する 情報網を持つこと 一人一人が、情報に敏感であることは、

生産性を増ませる という要素もある という事ですね。

福島県には 原発問題も

福島県には、 相馬市の福島原発事故が、あります。 そういう訳で、”食べ物はちょっと” という方もいるかと思います。

それは、もちろん当然で、情報に沿った事に従う かわいそうとか、同情で食べる という事は、被害意識に相乗りした 自殺指向であるとは言えないでしょうか?

被害意識に相乗りする行為は、 食べるという問題で済めば それはいいのですが、団体で傍観する 弱弱しい思考の元で あるといえると思います。

事実、福島県議会 は、自分の原発事故では いろいろ 話すが、他の地域の原発問題 では、情報を共有しようとしない、他の地域で 原発はこうあるべきだ という 主張が 少ないのも 現状なようです。

被災疲れも あるかと 思いますが、”疲れた” という言葉に甘えるのは、自分が被害者なのに、被害意識に相乗りするという愚かな認識をしていると、いえる側面もあるといえます。

桑折町は、食品以外は、革製品が盛んな街です。

という感じです。

20万円 10万円 5万円と 高額なふるさと納税ばかりで、一体誰に納税して欲しいのか 首をかしげてしまいますが (ヒカキンか? 青汁王子か?)と思ってしまいますが、

税金は国民の義務なので、高額なふるさと納税は 恐らく 納税してもらう機会を大きく失っていると 思います。

それ以外の手頃な 値段は食べ物なので 3割の人は 敬遠することでしょう。

食事を通して 被害意識に相乗りする事は、

その人 その人によってその状況で、相乗りすることで被害者にもなり、その食事の害から、加害者にもなる。

元岩手県宮古市町の熊坂義裕氏は、内堀知事の、海外出張については

組織として万全の態勢を構築していたと、話しても、災害などで地元が危機に陥ったとき 知事が不在であれば
県民の不安・不満は大きいでしょう

というニュアンスの事をコメントしていたそうです。

知事の仕事は、災害について、減災する方法を対策する事が必要であり、今、こうなりました さっきああなりました。という

連絡網を敷くだけなら、知事 という 職名である必要もなく、学校の用務員さんという職名でも 十分通じるのではないだろうか?

これでは、魚屋の番をしているお兄さんが 猫が魚を盗むところを ただ見張って 「今日は1匹盗まれました 昨日は3匹盗まれましたと 店主に報告しているだけ」の 連絡網はきちんと回すだけの ”店番” となんら変わりがない。

政経東北の記者が熊坂義裕氏に改めて、台風被害での知事の対応について コメントを求めた際の回答が以下の様です。

「タイミングが良いというか悪いというか、災害時の知事不在に関するコメントがバッチリ当たってしまいましたね(苦笑)。今回の欧州訪問で内堀知事は、就任5年で12回目の海外出張となったわけですが、1年で2回以上は明らかに多すぎます。その成果が県政に反映されていれば納得もいくが、高額の旅費に見合った成果は正直見当たらない」

出典:https://note.com/seikeitohoku/n/nce0be216846e

魚屋の店番をしている少年が 知事になっただけで ヨーロッパに5年で12回も行くというのは、税金の無駄使いともいえるわけである。

しかも、その欧州訪問は 情報として ”なるべく敬遠したい食べ物” の輸入緩和 についての 語らいであったそうだ。

工夫次第で、個人で正確な情報を集める事ができるようになった 5G時代で あなたは千円を寄付しようと思いますか?

私は、千円を寄付しようとは 思いません。

他の地域の 原発施設の問題について 意見も持てなく、東京電力 関西電力の

原発の忖度に付き合おうとする 被害者意識に相乗りした  食事をする人でしかないのだから。

福島県議会の”プチ腐敗”は、将来の加害者でもあり 被害者でもあるのだ。

無返礼品のふるさと納税 いいところ

ふるさと納税は、返礼品の額が、50万円を超えると 超過分に対して所得税が発生し 住民税の減税が無効になるように感じてしまいます。

払うべき住民税が、ただ 所得税に加算されていくだけですから。

ほとんどの自治体が還元率30%位ですが、この寄付金は 0%なわけです。どれだけ寄付しても50万円にならないので

住民税を2000円程度にまで落とすことは 可能でしょう(ただし、基本住民税の10倍程度寄付をしなければいけませんが)。

それでも、沖縄の首里城が 復興されたり、 原発事故の相馬市が 驚きのIT都市に変化! とか プライドと名誉を得る事が

できます。

関連記事:【ふるさと納税】【首里城再建支援 緊急寄附受付】

お勧めの記事(50万円に気を付けて! ふるさと納税):控除 される条件は? ふるさと納税の注意事項!

外部記事:福島県桑折町 まつろわぬ民・赤頭の痕跡

原発事故をインスタで さがす

この投稿をInstagramで見る

福島県の#県立の伝承館#展示のあり方

DaisukeCA(@tycobb6)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

今日は FUKUSHIMA.RED.HOPESの 春季キャンプを見に行ってきました‼︎ プロ野球#独立#リーグ#ベースボール チャレンジ#福島県の#プロ野球#球団 監督#ノック#元#ヤクルト#スワローズ #元#日本代表#世界一#元#メジャーリーガー #元#楽天#イーグルス#球団#運営#会社#社長#岩村明憲 野球好き#野球好きと#繋がりたい#野球#小僧#野球#馬鹿⚾️ グランドに#立つと#血が騒ぐ

Naoki Sekiguchi(@sekiguchi_n)がシェアした投稿 –

2019年 10月に福島県を襲った台風19号 その爪痕は、未だに残り 特に福島県桑折町は、河川の氾濫や浸水などにより、建物や道路等に大きな被害を受けました。 しかしその時、知事は不在でした。 〝不在〟 非常事態の最中〝不 … “ふるさと納税福島県 台風対策【台風19号】終わらない対策” の続きを読む

ふるさと納税福島県 台風対策【台風19号】終わらない対策の料理

レシピのご案内